スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

最近おやじ狩りが減った理由を考察してみた 

最近ちょっとした夢で思い出したのですが、10年前くらいまでは結構おやじ狩りという事件、

簡単にいえば、中高校生の集団が、中年サラリーマンを襲撃して現金を奪うというものです。
まぁ最近あんまニュースにならなくなってきましたが、0になってはいませんが、10年前に比べるとぐっと、被害者は確実に減っているようです。
犯罪が減ったのか?という方もいるかもしれませんが、逆に犯罪はこの日本では増えてきています。
では何故、おやじ狩りは減ったのかその要因を考察してみます。

FC2テーマ:雑談 - FC2ジャンル:アフィリエイト


オヤジ狩りが減った要因として
①ゆとり世代の突入によって、集団化しなくなっている。
②ターゲット層である大人が現金を持っていない(持っていても2万以下)
③オヤジ狩り狩りが流行ったから

の3つだと思います。
①は説明の必要はないでしょう。
②は、団塊の世代、バブル世代の抜けによって、いまの20、30代は貧乏が多いため、リスクに見合わない。
③は、裏の世界になりますが、これが最も最大の要因だと私は考えています。

そもそもオヤジ狩り狩りを説明します。
「おやじ狩り狩り」とはオヤジ狩りをしている、小集団に遭遇したら(探している方もいましたが)そのうわまいを跳ねる、つまり逆に刈ってしまうことです。

私の経験則ですと、当時オヤジ狩をしていたのは貧乏だからではなく、遊ぶ金惜しさなのですが、結構裕福な家庭からがおおかったんです。まぁいわゆる反抗期ですね。

おやじ狩は立派な強盗罪及び殺人未遂罪になりますので、少年といえども一発で、処分対象になりますから、その方に報復したところで、現行犯で警察に見つからない限りは、告訴できないわけです。
それを悪用して、犯罪者のうわまえをはねるということがありました。しかも少年だけではなく、少女も混じっているのが特徴でしたので、そのスジの方にされちゃったり、撮影されちゃうわけです。

もしくはですが、逆に痛めつけ、相手の住所などを割らせて、親に連絡して、示談金を持ち込むってのが結構流行りました。
まぁ結構いいところの中高校生が、多かったので、示談金でもっていけばかるーく100万とか、平気でだしますので。

と、おやじを狩する犯罪者を悪用する方が増えたので、この手の犯罪は減ったと思います。

で、当時おやじ狩りの間で危ないといわれていたのが、昔懐かしいビーバップ世代。
何せ、当時の高校どうしの派閥があり、平気で金属バットとかでぶったたいて喧嘩しまくっていた時代の世代ですので、襲われたら、切れて、逆襲にあいますからね。
いまの40中盤から50歳くらいの方がおおいっす。

いまどきの中年は、喧嘩っぱやいんで、ご注意を!!なんてね。



スポンサードリンク
[ 2015/09/21 21:45 ] 気になるキーワード | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://toukakoukan.blog9.fc2.com/tb.php/876-d388cc27








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。