スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

与●翼という方の「秒速で1億円稼ぐ条件」の実態をバラス 

アフィリこっそりさんでもばらしていたのですが(笑う)

あいからわず、情報商材で儲ける手段って変わっていないなぁと思います。

時をさかのぼれば、ゴールドラッシュ時代のアメリカのときと一緒ってことです。
与●翼という方の「秒速で1億円稼ぐ条件」はまさにこれですからね~。

FC2テーマ:☆気になります☆ - FC2ジャンル:アフィリエイト


与沢翼という人はアフィリエイトシステムやネット社会そしていまの日本の現状においての人の利用方法を熟知していることが凄いってことです。

こっそりさんの答えを引用しさらに詳しく解説します。
①自分の情報商材に高額なアフィリエイトを設定⇒釣り餌セット完了。
②本を出版する⇒本&知名度を売るのが目的です。
③アフィリエイトが報酬目当てにこぞって本に対して好意的な記事を作成 ⇒同然記事数がパンはないことに、
④検索上位が好意的な記事で埋め尽くされる⇒やらせ口コミ情報だらけになる。
⑤ウマー! ⇒いわゆる売れたという結果に。

で、次から後援とか講義でいろいろお金作れるわけで・・・・・。

■アメリカのゴールドラッシュ時代は誰が儲かったのか?
アメリカのゴールドラッシュ時代で一番儲かったのは、金を掘る人ではなく、金を掘る道具を売る人と金を掘る権利を売る側でした。
まぁ大半が荒地ですので、元出はただ同然だったわけですけどね・・・。

まず、金が出る⇒一攫千金⇒貧乏人が群がる⇒道具や権利が売れる
というシステムで、上記の情報商材とまったく同じシステムなんですよねぇ~。

人を集めてお金を集める、宗教もまぁ似たようなもんです。

■私は、情報商材は嫌いです。
要は、「秒速で1億円稼ぐ条件」とはいかに、人を操れるかということにつきます。
情報商材のアフィリの心理はそこにこそあるわけですので、まねをしても成功しないわけです。
当然、最初の起爆剤となる金も必要ですので、ある意味ばくちに近いですが、投資的な手段でもあるわけで、この作者は当然、頭がいいことになります。

私は、アフィリエイトシステム自体に大きな欠陥があるといっていることも根本論は同じです。
売れば売るほど、記事にすればするほど、アフィリエイターとしての売り上げが無くなっていくという現実。

ここまでヒントを出せば、あとはゆっくり考えてくれれば、理解できると私は思います。
過去にもっと露骨に暴露している記事もありますし。

ですから、私は物販系や悩み解決サイト、趣味サイトは好きですが、情報商材は嫌いです。

当然、、「秒速で1億円稼ぐ条件」をだしている方もこの本を買っても、稼げないということを100%理解した上で売っているのは間違いの無い事実だと思います。
もし本当に稼げるのなら、人をやとって、自分で仕切ったほうが効率がいいはずですもんね~。
ノウハウを売っているに過ぎませんからね~。

■アフィリエイトを批判しているのではありません。
とはいえ、私はアフィリエイトを批判している派ではありません。副業としてならば、アフィリエイトはいい手段ですし、WIN-WIN-WINの関係も一時的とはいえ、なるたたせることが出来るからです。

これが6年以上アフィリをしている理由にもなっていますが、今以上に稼ごうとも思わない理由にもなっています。

流行りは永遠には続かないですが、人間の本質はいつの時代も結局同じだということですね~。 スポンサードリンク
[ 2013/03/10 11:50 ] 売れる商品・商材情報 | TB(0) | CM(1)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/03/29 16:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://toukakoukan.blog9.fc2.com/tb.php/864-895302cb








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。