スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ゆずき様の確定申告の質問にお答えします。 

質問内容。
*****************
Q:確定申告
すみません。過去の記事について質問させてください。
現在副業禁止の会社に勤めているのですが今年不景気の為アルバイトをしてしまいました。その給料が年間20万円を超えるので確定申告をするつもりなのですが住民税の支払い方法を普通徴収にすればバレないでしょうか?また小さな子供がいるのですが住民税の支払い方法を普通徴収にすると今まで通り本業の会社からの給料分のみ住民税を支払い、アルバイトで稼いだ給料分のみ自宅に通知が来るようになるのでしょうか?
また所得税の方は大丈夫でしょうか?すみませんがアドバイス下さい。
*****************
過去、会社員のネット内職・副業が会社にバレない方法の記事からだと思います。

では回答します。が、あくまでも私の場合であって、個人差があることや県税務署の対応によって変わってくると思いますのであくまでも私の例ということで、

FC2テーマ:アフィリエイト - FC2ジャンル:アフィリエイト


基本的に、普通徴収にすれば、ばれません。
その理由は、副業で稼いだお金はすべて、雑収入という費目でしか整理されません、
なので、そのお金がどうやって収入になったのかまでは分からないのです。
当然、税務署の方が会社にチクリのTELをすることはありません。個人情報保護法の範疇になります。

私の場合には、投資や不動産紹介料やアフィリの収入が雑収入になりますが、すべて雑収入という費目で申告し、さらには、その費目でしか明細にでてきません。

これがまず、副業が普通徴収にすれば、税関係面でばれないという最大の理由です。


第二の点として、サラリーマンで心配だと思われるのが、源泉徴収表です。
ここで、国税と市民税がばればれになってしまいますが、ぶっちゃけ会社の給与担当者はこんな表は気にしていません。

また、逆になぜこんなに税金が多いのかといわれた場合ですが、株で稼いだとか、FXで儲かったと投資で儲かったので、確定申告(修正申告)をしましたといいましょう。
<この言い訳が一番現実的で、一番追求しようが無いものですし、投資を禁止している会社は存在してない気がします。知り合いの公務員の方でも投資はOKで、副業とは見なさいですからね。まさか投資や外貨貯蓄、ファンドもNGな職場なんかないですよね。日銀の職員だけかも>

会社の人はその内訳まで知ることは無論出来ませんので、それ以上は追求されません。どうぞご安心を。

最後のほうに心配していた。
>住民税の支払い方法を普通徴収にすると今まで通り本業の会社からの給料分のみ住民税を支払い、アルバイトで稼いだ給料分のみ自宅に通知が来るようになるのでしょうか。


ですが、これは、まず誤解を解くためにも、住民税と所得税を分けて考えなければなりません。

まず、所得税ですが、これは国に対して支払うべき税金で、サラリーマンならば12月に年末調整というやり方で逆に払いすぎた税金を返還してもらっていることになります。
副収入がある場合には、2月に申告をして既に年末調整が終わったあとでも修正申告がすることができます(私のパターンはまさにこれに該当します)。

そして、追加になった税金ですが、普通徴収にしていれば、だいたい6月頃に、払ってくださいと税務署から通知が来ます。(逆に過払いになっていれば、還ってきます)

それを払うだけです。これは、確定申告を行い、普通徴収をしている場合のみに発生します。

また、自分の経験上、高額医療がかさんだ場合や住宅取得の初年度では、確定申告を行い還付申告申請をしないと税金が還ってこないことになりますし、職場で行う年末調整では対応不可能ですので、お気をつけて。。


次に住民税ですが、これが結構ややこしいのです。

財源譲渡の関係で去年~今年は特に結構ややこしかったのですが、基本は以下のとおりです。

・住民税は昨年度の収入(課税対象額に順ずる)にあわせて、会社員ならば月分割っぽい支払いで払うことになる。
・会社員以外のかたは毎年5~6月もしくは8月に、昨年度の収入にあわせて、年間分を一気に支払うことになります。

つまり、今年の収入に基づいて住民税を払っているのではなく、昨年の確定した収入によって住民税が決まっていることになりますので、実際の稼ぎで支払うのではなく、昨年の稼ぎから支払うことになります。ここで、支払い時期のギャップが生まれます。

よって、現在の収入ではない税金となりますし、その内訳はどうでもよく、あくまでも総収入からくる課税対象額しか評価しませんから、これまた収入の内訳なぞ、会社側はまったく知る余地がないということです。

住民税に関しては、ゆずき様の場合には恐らく本業+バイトの収入の合計された金額で算定された、住民税で計算されていることでしょう。

しかし、

ん、お前、住民税が多いなぁとなっても、所得税と同様に内訳が書いているわけでもないのですから、「株で稼いだとか、FXで儲かったと投資で儲かったので、確定申告(修正申告)をしました」といいましょう。
<この言い訳が一番現実的で、一番追求しようが無いものですし、投資を禁止している会社は存在してない気がします。知り合いの公務員の方でも投資はOKで、基本的に財テクは副業とは見なさいですからね>

正直に申告し、適正に税金を支払っているのですから会社側の非はあるわけも無いわけでそれ以上追及されませんし、する理由も無いはずです。まぁ個人的にうらやましがられるとは思いますが。

また、雑収入が20万を越しても既婚者か近親者が一緒に生活してれば、まぁなんかなる方法はあるにはあるのですが、まぁこれはダークゾーンですので、、、
素直に、収入を操作せずに、正直に申告すれば万事Okですよ。

逆にやばいのは脱税ですよ。。

無論、あなたからボロを出して、バイトをしているとばらさないか、バイトを目撃されなければですけどね。。。

以上、分かりにくい点もあったかも知れませんが、、
今年も確定申告、、もう直ぐですね。。。うーん、帳簿を整理せぬば、、、
スポンサードリンク

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://toukakoukan.blog9.fc2.com/tb.php/700-ef79cc35








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。