スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

公務員の福利厚生の記事でその実態を暴露 

http://news.livedoor.com/article/detail/3707971/
で公務員の福利厚生についての記事があった。

私は無論、道路特定財源予算が、職員のカラオケセットなどに使われるのは「税金の無駄遣い」だと思うが、福利厚生そのものは反対ではない。

まず、福利厚生とは何かついて定義してみよう

FC2テーマ:公務員を考える - FC2ジャンル:政治・経済


--------------------------------------------------------------------
企業が従業員とその家族の福利を充実させるために設けた制度や施設。
保険・住宅・教育などに支出する<賃金以外の諸手当>や、社員寮・住宅、保養
施設などの福利厚生施設なども含まれる。
--------------------------------------------------------------------

この定義における、公務員の福利厚生は、次のようなものがある。国家公務員は
福利厚生がいいから、、なんてのはもう過去の
もの、実態と対比しその実情を暴露します。国家公務員が福利厚生が良かったの
は既に過去のものです、今は、ないほうが幸せなんです。

なんせ私は、元国家公務員です、今は辞めほぼフリーの設計士としてフリーランスのように会社間で指名契約される身分です。
では比較してみますね。



(1)官舎・公舎
ボロボロのアパートから、高級マンション並のものまで様々揃っている。入居に当たって敷金礼金などは一切かからない。家賃は最高級マンションクラスでも月額 6万円程度である。ちなみに、同レベルの民間賃貸マンションなら月額15万円程度の物件である。
ボロ官舎で我慢するなら月額1万円程度である。タダ同然といえよう。

その実態は、
 ボロ官舎は本当に凄い、耐震設計基準を満たしていないのは当然であるが、システム給湯なんてものはない。
 電灯もなく(自腹でつける)、網戸も当然ないのが標準で、ドアの手すりは錆びてくっさているので、窓から手をだしてはいけない。ふすまは開かないのが普通という状態。エアコンなんて穴すら開いて
いない場合もある。
 家賃は、駐車場なしで、月1万~1.5万、駐車場ありで+2.5千円。

 確かに安いが、問題は退去時で転勤のたびに(2~3年)で退去費用として修繕費を財務局から(なおしもしないのに捕らえる) 10万×いた年数が目安にぼったくられる。自分で直せばそれでも良いのだが、忙しい引越しの最中それも厳しい。
 また、すごいいじめみたいな場合もあり、転勤した後、でないと検査をしてくれない財務局の委託者もいて、引越し後に自腹で戻ってきて、立ち会う必要がある場合もある。
 私はこれで、裁判を起こした経緯もあるくらい、精神的にマイル。

転勤&単身赴任している人と、市内固定の公務員との差が激しいのが現実。。
転勤なければいいんですけどねぇ。こりゃこりゃ。転勤しない公務員がうらやましかったです。。。差別なんですよねぇこれって、、(涙)

(2)住宅手当
官舎・公舎に入らない(入りたくない)人を対象に、国家公務員で最高月額27000円、地方公務員で最高月額34000円程度の補助が出る。家賃月額9万円(地方都市ではかなりリッチなマンションだ)でも、本人の負担額は最高6万円程度になる。

実態は
 官舎がない場所もある。無理やり転勤させられ単身赴任。しかも家賃は半額が上限で、もちろん敷金礼金はでない。引越し費用もでない。特に田舎だとアパートを探すのに苦労する。また自分で探さなければならない場合も多く。。(涙)。
 官舎扱いになっていれば、月5万円程度のアパートを借り上げてくれて、1.5万円程度の家賃を払うことになる。ただし、転勤商売の会社だと、会社が全額払っている場合がほとんどというのが実態なのだが、、、


(3)扶養手当
妻一人(年収がおよそ120万円以下)、子供一人の家庭で、月額34000円程度が支
給される。

実態
 児童手当込みの場合の金額です。その時期には単身赴任が強いられるので、正直貧乏。


(4)職員食堂

東京都24区内で、ワンコイン(500円)で、それなりリッチな定食が食べられる。中でも農水省の食堂は激ウマで有名だ。

実態
 安さが魅力なのは申し分ない。ただし、食中毒いっぽ寸前の衛生管理なので、体の弱い人にはお奨めできない。
 最近では一般人もくるので、やばくなくなったが、過去食中毒をたびたび起きているがすべて黙殺されているという伝説もある。無論事実。

 ちなみに農水省の食堂は旨いといわれているが、ぶっちゃけ、霞ヶ関の官公庁で食堂まで一般人が入れるのは、農水省くらいしかないというオチがある。しかも、農水省の食堂のくせに、輸入材料が非常に多く(大半が中国)セーフガードも無視する勢いで産地偽造は常習的に行われている。

 実際には経済産業省の方が旨くて安いし、エディが使えるので得するのだが、厳重警戒を突破しないと入れない。(身分証が必要)

都市部以外は、当然食堂はない。しだし弁当で、普通の民間なので、だれでも食べれます同じお金で。。でも酷い田舎に転勤になってしまうとこれもなかったりして、、カップメンしか食えないところもある。(無論じばら)、過去 賄いのおばちゃんがいたのだが、現在は廃止されており、いない。

(5)資金貸付
 ほとんど使用目的フリーで給料の6ケ月分の現金が低金利で借りられる。だから公務員でサラ金に追われている人間はあまりいない。

現実
 既に使用目的フリー融資は消滅した。
 唯一住宅ローンの融資枠があるが、金利2.5%と高い。民間の住宅ローンで1.5%を考えると高いなぁと。

 サラ金に追われている人は見たことがある。上司が仲裁に入り、銀行と連携して、給与天引きで返済していた人を・・・結局その人はやめた模様。。


(6)保養施設
全国の共済組合連合施設が格安で利用できる

現実
 KKR施設が割引になる、、が、最近は実は一般者も割引になるというオチもあり、利用に当たって保険証を見せる必要もない。知名度が低いだけ。

 ここも、写真では凄い綺麗だが、実は、、、という場合もあり注意が必要。
 お奨めは、札幌KKR、雪祭り時にも料金が変らないのが良心的。温泉宿はKKRはお勧めできない。


(7)健康診断
 生活習慣病予防を中心とした手厚い健康診断が受けられるほか、格安で人間ドックも受けられる。

現実
 人間ドックは半額補助。
 健康診断だが、実情をいえば、かなり適当な健康診断になっている感は否めない。
しかも、健康診断で要再検査と診断されるのはまだいいほうで、中には要入院と診断されたとしても、健康診断をしたから大丈夫と管理職はその後も部下に仕事をさせるという、労働者保護のための健康診査ではなく、過労死で死んだ場合のいいのがれ(責任回避)の材料にされているのが実情。

 霞ヶ関の幹部は、健康診断をすれば健康になると、勘違いしている人が多いようで、、、

 ちなみに私も、検査のたびに、要治療と診断結果が着ていたような気も。。。


(8)結婚情報サービス
 公務員向けに割安プランが使える。(実は公務員男子は結婚情報サービス会社としてもオイシイのである。女子からの需要が多いからである。)

実態
 オーネット、サンマリエなどの民間とのタイアップで安くなる場合がある。特に国家公務員は全国転勤が激しく勤務時間もむちゃくちゃなので、女子からの需要が多いのは事実で結婚紹介所が目をつけた感がある。ちなみに公費はつかわれていない。
 結婚紹介所も公務員を紹介できるという、セールスポイントになるので、参入合戦が激しい。
 事実、これで結婚した、東大卒のエリートも何人かいる。 あの人だよ。。



あと描かれていなかったのだが、他に悲惨な福利厚生がある。

レクレーションだが、公務員パッシングの関係で、土日に行うことが大半。

しかし、その内容は仕事の延長であって、レクとはいいがたいものがある。しかもその費用は、自腹。
福利厚生費があるにもかかわらず、最近のパッシングで使うために、膨大な説明資料が要り、そのために、わざわざ出張する場合もあったりと本末転倒な部署も見受けれるくらい。

自腹の場合には、参加の有無にかかわらず、強制的に月毎に給料からその費用が天引きされる。非常にありがた迷惑なレクレーションだ。

最近では、この問題が嫌で、やめた職員も多いと聞く。ちなみに女子は、参加しなくても良いなどちょっとした差別もある。


民間には福利厚生を詠っておいて、実際には公務員の福利厚生は無に等しい(というか、いっそないほうが良いような気もしてた)

こんな、職場でよければ、国家公務員になってやってください。部署によっては、新規採用定員割れで定員削減目標よりも多くかってに削減になってしまっている部署もありますので、、

特に、全国を移動する部門。。建設業でね。
↑離職率は約20%程度。女子は50%以上だったりする。最近では女子の採用がものすごく多いと聞いていますが、辞めるのも激しいようです。やっぱ、転勤がネックでしょうな。
 
スポンサードリンク

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://toukakoukan.blog9.fc2.com/tb.php/632-f1c65dc2








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。