スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

私の新築一戸建てのこだわり 

この記事は新築一戸建 どこにこだわりましたか?のテーマに投稿しています。

私は今年、新築で一戸建てを建築しました。
本業が設計士でもあるので、特にこだわった箇所があります。

それが断熱材です。

断熱材には、内部断熱方式と外部断熱方式がありますが、私は両方を行いました。

断熱材の役割は断熱そのものであり、夏は涼しく、冬はあったかくなりやすくして、空調費を安くするというのが目的です。
なので、断熱材をケチると、あとから大きく後悔することろです。

まず、内部断熱方式として、ウレタン注入工法を選択しました。
ウレタン注入は、グラスウールと違って、ウレタンの液体状のものを吹き付けて、発泡状に盛り上げていくというもので、隙間ができないのは勿論ですが、発泡状ということもあり、斜熱効果が非常に高くなり、防音効果も同時に発揮しますので、して損はありません。

そして、同時に外部断熱として、金属サイディングをチョイスしました。金属サイディング(断熱材入り)は防火認定もとれましたし、外部はガルマニウム合金なので、錆びることもないです。陶製サイディングに比べると、デザイン性は若干見劣りしますが、後々のメンテナンスを考えると、数段お得ですからね。

というわけで、2重の断熱材を使用しました。
今年の夏は非常に熱かったのですが、このお陰で壁も熱くなることもなく、窓を開ければ涼しいという環境にすることが出来ました。

が、気をつけないといけないのが、やはり換気で、高気密になりますので、天気の良い日は窓を開けて外の新鮮な空気を極力入れることです。
換気扇もいいのですがやはり、窓から入る空気は気持ちいいですからねぇ。
[ブロ記者]
スポンサードリンク
[ 2007/09/16 21:02 ] サブメニュー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://toukakoukan.blog9.fc2.com/tb.php/583-249d374c








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。