スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

払う必要のない金利を支払っていたら 

もし、払う必要のない金利を支払っていたらどうしますか。

今まではグレーゾーンと言われたいわゆる高金利がありましたが、利息制限法の見直しにより、このグレーゾーンがなくなりました。

が、いままで、20%を越していた金利を支払っていたらどうすんの?ってのにお答えします。

というのも、私も過去クレジットカードのクレジット払いを体験しまして、グレーゾーンを既に知っていたので、その対処を行ったことろ、
きちんとお金を返してくれました。

勿論、その相手は、あの有名な銀行なんですよねぇ。
そう三〇住〇VISAだ。

三〇住〇VISAでさえ、グレーゾーンでしたからね。(利息制限法~出資法ギリの金利)。年26%とか。

で、納得できなかった私は、金利を払いすぎているので、過払いを返却して欲しいと、文章にて通告したところ、やたらと長い文章と、返金用の通知文と受け取り申請用の書類が帰ってきました。

つまり、きっちり返してもらったといことです。
無論、私からの通知文には、簡易裁判を行う旨ありと記載したのが、功を奏したのかもしれません。まぁ時期も良かったのかもと、、

まぁいまでは、大手クレジット会社は既に18%以下ですからね。

というように、高金利の場合、過払いとなった利息分を返してもらう(決算してもらう)方が圧倒的に有利ですよ。
過払い
過払い請求の事なら過払い金.jpへ!

この記事はブログルポの過払い特集の依頼により執筆。 スポンサードリンク
[ 2007/09/16 20:36 ] サブメニュー | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://toukakoukan.blog9.fc2.com/tb.php/582-29de7dc0








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。