スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

社会保険庁の職員のボーナスがカット 

社会保険庁の職員のボーナスがカットされるというニュースがヤフーニュースで流れたが、これには私は大反対である。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070623-00000401-yom-pol

その理由は

FC2テーマ:気になるニュース - FC2ジャンル:ニュース


理由その1 仕事をしなくなる\r
 公務員のボーナスは、本来なくてもいいんだけど、ボーナスありきの給料システムなので、月給料に還元しない限り、下っ端は恐らく生活保護者クラスの給料に転落する。

 つまり、ボーナス(正式には勤勉手当など)だが、年間算5.2ヶ月なので、約100万である。
 平均の課税対象額が250万もないのが普通なので、ここから100万引いたら、月の課税対象額は10万程度しかなくなってしまう。
(しかも、2年に1回転勤があるが、その引越し費用は出ないらしい、ここらへんが責任性を無くしている根本だったりするし、原因究明するまでもなく、間違える要因は、担当者(1人だけ)に仕事させて、上司は予算獲得ばかりで出世になることしかしないことで、部下が何の仕事をしているか知らないというのが、問題なのは火を見るよりも明らかなのだが、、)

 これでは事実上生活は困難。若年層で、高卒だと恐らく月十万もないような気も。。。。

ということになり、実担当者でもなく、管理職でもない人のボーナスをカットするということは、現場の意識低下になり、ますます仕事が適当になるという、やる気ねースパイラル現象が置き、今よりも不祥事が拡大するのは火を見るよりも明らか。
(既に民営化になる部門への異動は、合法的リストラといえ、事実上公務員を首になると同じ状態)

おれが、当事者ならば、やけくそになって、全部暴露するブログを作ったり、上司のしている悪事を全てブチマケてしまうけどね。


理由その2 政治の選挙道具
 社会保険庁の年金問題の不祥事はいまに始まったことではない。
が何故いま、ボーナスカットなのかといえば、単に選挙前だからである。
つまり、社会保険庁の年金問題を公約化しなくても叩くだけで票稼ぎができると考えている議員が多いということ。
その証拠に、年金問題の改善手段は全く討論はされていないのでは?

理由その3 そもそも違法
 現在社会保険庁の年金担当者の実務部隊(超下っ端が実際には作業している、うえは口しか動かない)は相当に、超過勤務をしており、自殺に追い込まれたり、うつになっていく人が急増しているらしい。
 マスコミはこれを報道しない(視聴率がとれないから)が、これは事実。←ある職員が、私にゲロした。

 現在の年金関係の処理に関する超過勤務手当ては貰っていないとのこと。その人がしたわけではなく、組織に問題があったのにだ。
 
 労働関係をつかさどる象徴が、超過勤務手当てを支給していないのに(不払いである)ボーナスまで無理やりカットしたら、、

これに続く民間企業もいると思う。そもそも不払いは違法でしょ\r

理由その4 銀行はどうよ\r
 皆は忘れているようだが、当の金融機関であった銀行でさえ、膨大な不祥事を起こしている。
 「住専」だ。
 
 バブル時代に無茶苦茶な優遇をした結果、超不良債権を抱え、しかも無駄に自治体に金を優遇した大手銀行だが、その救済に、血税を投入したのではないか?
(現在では、相当数返還されたらしいが、これはらしいだけで、消えたものが結構沢山アル)
 
 しかもそのときは、銀行に甘い処分があっただけで、職員のボーナスまではカットされていない。

 タイミング的に、公務員パッシングをすれば、という発想でしかない。



私のご意見
 私的には、社会保険庁のボーナスをカットするならば、その組織を放置してきた、国会議員もボーナスをカットすべき。
 勿論、当の責任者だった方は、今後の給料カット(減俸)を視野に入れるべきである。

 部下の不始末は、上司がとるのが、一般の会社での常識である。
いまの処分は、その場しのぎのもの。
関係ない方まで巻き込むのは、居様だと思う。

それよりも、国会議員の皆様、他人の批判をするまえに自分の批判もしましょう。

ここから転記(ラブドアニュース)
国会の予算の一つ「国政調査活動費」。衆参合わせて、平成17年度36億7,886万円、平成18年度36億6,734万円、平成19年度もほぼ同額が予算化されている\r

衆院事務局は、02年度と03年度の2年間に同活動費から約1億円が議員らの飲食代に支出されていたことを明らかにした
衆参両院では、「国政調査活動費」として毎年、37億円前後もの税金が使われているが 情報公開請求によって、会員制の高級店や高級ホテルでのワイン代、コンパニオン代など含め、時には1人あたり5万円以上にもなる超豪華宴会・飲食費として浪費されていることが判明。
 これらに法的根拠は全くなく、国会議員や国会職員による税金着服の疑いが濃厚だ。間近で見ている議員秘書も呆れている。番記者制度のもと政治家と癒着する大手マスコミは、具体的な事実を指摘できない。

ここまで

とこれは超有名は話

あの元大臣のなんとか還元水なんてどころではない。

基本的に横領なのだから。
しかも、この事件が発覚しても、返還したので、処分なしってどういうことと思うし、いまだにこの「国政調査活動費」が不正に使われ続けている。

素直に、接待費として経費にすればいいのだろうに。勿論税金しか免除されないけどね。

と、国会議員の一部の人だけだと思うが、官僚とつるんで悪いことをしているのだ。

まず、他人の批判をするまえに、自分の姿勢を正してみてはどうか?
そこから本当の改革は始まるように思う。  スポンサードリンク
[ 2007/06/23 12:48 ] 気になるキーワード | TB(0) | CM(3)

その通り!!

何もわからずに雰囲気だけで、「ボーナスカットなんて当たり前だ!」と言っているブログがほとんどの中、このように本質をつかんだ記事を見つけてホッとしています。
民間企業と公務員のボーナスの位置づけは違うわけだし、そもそも今回の年金の問題は過去からの積み重ねなわけだし。
歴代の長官や幹部、管理職に返上させるのはかまわないが、たまたま現在働いている現場の職員だけが処分されるというのは・・・。
これが政治家による選挙前の取り繕いでしかないということにみんな気づいて欲しいよ。自分の票稼ぎのために、現在の職員をスケープゴートにしているだけだということに。
それと政治家は責任追及が大事ですが、そろそろ改善策、救済策をきちんと議論して欲しいですね。
[ 2007/06/23 14:58 ] [ 編集 ]

私もそのとおりだと思います!
実務で苦労している下っ端に責任を押しつけて、逃げようとしている政治家に腹が立ちます。
もちろん彼らに責任がないとは思わないけど、下っ端を簡単に切り捨てて保身を図る上のやつらを見逃して欲しくないですね。
ただノリで「ボーナスカット当たり前!」って叫んでいるブログが多くてうんざりします。
もっと大事なところへみんな目を向けようよ!
[ 2007/06/23 17:02 ] [ 編集 ]

コメントありがとう

〇いく様へ
>そろそろ改善策、救済策をきちんと議論

そのとおりですね。再発しないような体質改善を根本的に議論する時が満ちたではと思います。

〇ななし様へ
賛同してくれて嬉しいです。
ボーナスカットしたらもっと酷くなると私は予感しています。そうなったらもっと怖い

[ 2007/06/23 21:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://toukakoukan.blog9.fc2.com/tb.php/547-3e8ce929








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。