スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

アクセスアップしなくてもよい場合もある 

最近、アクセスアップのせこい技を紹介しておきながら、ここにきて、アクセスアップはしなくてもいいよ。って記事をみて、

え!と思われるかもしれませんが、アフィエイトに限れば、アクセスアップしないとどうしようもない分野や、アクセスアップすることによる2次的効果を狙う必要のある場合あります。



アクセス数が少なくとも、きちんとした質のよい集客が出来ていれば、特に気にする事ではない時もあります。

FC2テーマ:アフィリエイト~はじめの第一歩~ - FC2ジャンル:アフィリエイト


アクセスアップをしないと、収入が見込めない物、表示回数報酬型のバーナー広告費や、グーグルアドセンス(ただし、アドセンスはクリック収入がメインなので、いかに押させるように見せるかが、重要)はこの部類に入ります。
まぁこれは、正確にはアフィリエイトとは言えませんが。

アクセスアップを頑固にしなくても、そこそこ収入が見込めるもの、サーチエンジから来る物を買いたい人向けのサイト。しっかりSEOが出来ているサイトはやはり強いです。

アフィリエイターではないのですが、私の知ってる人で最高かなぁと思う人で、1日50人ユニークしか人が来ないですが、50人中10人は純粋にお客様になりますし、しかも単価がハンパでないので、がっぽり儲けていますよ。逆に増えすぎたら手が回らないので、キャンセルするとは思いますケド♪

ここで、1日100アクセスのサイトで月2万収入があっても、1000アクセスまで、せこい方法で増やしても、10倍にはむろん収入は増えません。
当たり前ですが。

きちんとした、丁寧な質の良い集客なら、定数倍に近づくとは思いますが。
(ものによっては、信頼度もありますので、一概にはいえませんよ。)

ただし、ここで悲しいかな人間の心理というものが働きます。ここが私がせこいアクセスアップが大好きな理由になっています。
消費市場は、腹の探り合いですので^^;

具体的には
①人気のある店の場合:お客さんがすいているお店より、並んでいるラーメン店の方が美味しいのではと、思う人が意外と多い。
でも、実際の味はそうとは限らない。

②人気のある店の方が、信用が高いと思いこんでしまう人が多い。

③人気のある店、即ち注目度が高いと、なにがいいか分からないが、いいかもと思ってしまい、群がってしまう心理(笑)

④売れている商品=よい製品とは限らない。ケド、売れる。

という、結構人間くさい場面があるのです。
私がアクセスアップを言うのは、無いより有った方がよいからです。

有ること自体が集客効果が高くなるという、発想です。
(有名な、ブランドバックをイメージしましょう)


アクセスアップを果たしても、最初は売り上げは一気に倍増とは活きませんが、内容がよければリピータ&口コミで後々、美味しいことになりますよね。

逆に内容がないのでは、ひんしゅくを買うだけで、すぐアクセス数が下がると思います。

ですので、ながーく行こうと思えば、闇雲にアクセス数を稼ぐ訳ではないですよ。サイトが充実したら一気にどーん!って感じです。

しかし、D系は意外と逆な場合も・・・。
太く短くが命!。いまは何故かは教えません。相互リンクや、私のサイトを宣伝していただければ、ひっそりメールで教えちゃうかもしれませんが。

物によって、にゅるっと違うってのがアフィエイトの奥の深いところですね。

重要なのは、クリック率とクリック数に対する、報酬確定率ですよ。
10万アクセスでも、月100円では、意味無いですから。

まぁ、最初に掛けるお金があれば、もっと簡単に稼げる方法もあるのですが、このブログのコンセプトは、無料!ですからね。 スポンサードリンク

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://toukakoukan.blog9.fc2.com/tb.php/235-56e6f869








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。