スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

芸能人の家呑みで出てきた「食べるだし醤油」私も食べてます。 

芸能人の家呑みで出てきた「食べるだし醤油」私も食べてます。
一時期の、食べるラー油ならずとも、とりそぼろとか、御飯ですよとかそういう御飯に乗せるシーリーズは私も大好きなので、よく楽天で購入しています。



スポンサーサイト
[ 2016/06/07 22:13 ] 超一品レビュー | TB(0) | CM(0)

安倍総理が意外とやり手な理由 

過去、アメリカとの座礁のはざまで、鬱になって、リタリアしてしまった、安部総理ですが、ここにきて、その手腕が意外といけるのではないか、もしかして、歴代の歴史の転嫁機にもなった、歴代の首相にも引けをとならないやり手なのではと感じ始めてきました。

まず、1つ目は、危機対応能力です。
4月に熊本を中心とした群発地震が発生しましたが、自衛隊の初期挙動も早く、今回はアメリカ海兵隊の応援も早かったと思います。
いままでの教訓もあったでしょうが、初動が早いというのは、非常によいことで、悪いことではない。
強力を受け入れるという、許容性もあるんじゃないかと、つまり人柄が案外いいのかもしれないという点。
無論、米、オスプレイィを使った救援物資輸送は、今後の陸自へのオスプレイ導入への国民理解へのパフォーマンスもあったかと思いますが、その宣伝効果は非常に高かったと思い、これが安部総理が、事前に許可したならば、相当な政治力があると思います。

また、安部総理が、現地入りし、被災者のごく一部だけでしょうが、非常に低姿勢で、現地の被災者に接していたことは、これは同じく震災を経験した、民主党、管とは違う対応力です。

イメージコントロールという、演技にも見えるかもしれませんが、実際に人の良さということがなければ、あそこまで真摯な態度で国民に自然に、応対できるものではないものです。もしかして、本当に、人間的にはいい人なのかもしれません。
なので、それゆえ、前回のアメリカとの折衝では、鬱になったのかもしれません。真面目すぎるのかもしれません。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。